食材が多様化する中で、食物アレルギーも多種多様になってきています。自分の身の回りにある食物は、いつでも自身のアレルゲンとなりうる危険性があるので、十分注意する必要があります。アレルゲンの中で、現在最も多いのが卵アレルギーです。アトピー性皮膚炎を起こしている乳児のアレルゲンとしても、卵がよくあがってきます。乳児だけでなく、成人でアトピー性皮膚炎を起こしている人を検査してみても、卵をアレルゲンとしてる方が多くいるのが現実です。アトピー性皮膚炎の他にも、じんましんや喘息症状などを起こす場合もあります。卵がアレルギー症状を起こす原因としては、卵の卵白に含まれている蛋白です。卵も三大アレルゲンの1つですが、もう2つのアレルゲンは牛乳と大豆です。牛乳アレルギーは、乳幼児にとってはとても深刻な食物アレルギーとなります。乳幼児の牛乳の摂取は必須ですから、牛乳のかわりに豆乳や消化乳を飲ませながら、牛乳を摂取させないように注意深く対処していく必要があるのです。症状としては、下痢や嘔吐を起こす他、アトピー性皮膚炎を発症したり、喘息を発症することもあるでしょう。最後に、三大アレルゲンの3つ目、大豆ですね。大豆アレルギーは、卵や牛乳アレルギーと同様に、乳幼児期からアレルギー症状を発症します。大豆は加工食品などの原料としても使われていることがとても多いので、日々の食事で色々と注意しなくてはいけませんー